こんばんは


ちらっと今日耳にしたのが


元楽天マギーが巨人に???


という話題。


本当なのかガセなのかまだよくわかりませんが


マギーについてまとめてみました。


・マギーの近年の成績とは!?


楽天時代の成績と、アメリカに戻ってからの成績をまとめてみました。


2014年以降がMLBの成績です


2013 試144 .292 28本 93打点(楽天)
2014 試160 .287 4本 76打点
2015 試109 .198 2本 20打点
2016 試30 .228 0本 1打点



このようになっています。


2013年の楽天での活躍は記憶に新しいですが、メジャーに戻ってからも2014年は活躍しています。


試合数も160試合に出場するなど、マギーがアメリカで1番成功した年と言えるでしょう



しかし、2015年以降は次第に成績を落とし、2016年はメジャーの舞台にあまり立てていないのが現状です。


出場試合数も激減、AAAが主な活躍の場となっています。



守備では楽天時代と同様サードで守ることが多く、ファーストでの出場は1試合。


以前に比べて、成績が落ちているのが気になります。



・新外国人は必要。しかし、それがマギーなのか!?


私は巨人に新しい外国人が1,2人必要と考えています。


現在の巨人の外国人はギャレット・マシソン・マイコラス・クルーズ。


その4人が基軸になることが変わりありませんが、なんといっても代わりがいません。


4人ともに一年間一軍に居続けてもらえればいいですが、今年のように怪我で長期離脱される選手がいると困ります。


なので、あと1,2人は外国人選手が必要なのです。


しかし、新外国人選手が必要だというもののマギーが必要なのかとなると考えなければなりません。


私が補強したい外国人は投手1名、野手1名


投手もどちらかというと、リリーフできるタイプの投手が欲しいところです。


そして、野手の方はポジションが重要です。


外野ならレフトにはギャレットがいるので、ライトかセンターのどちらかを守れて欲しいのと、内野手ではサード・ファーストが守れて欲しいところです。


すなわち


「サードだけしか守れない」


「ファーストしか守れない」


という外国人選手は基本的に不要なはずです。



サードには村田・ファーストには阿部がいます。


その2人がいる以上、新しい外国人選手を獲得しても、出る出番は限られます。


もったいないです。


横浜にいるエリアン・エレラ選手のように、複数のポジションが守れて、なおかつ足も使えるような上位打線においても大丈夫な外国人選手を補強するべきだと思います。


ただし、足が使えるといっても、外国人バッターなので、ちゃんと試合に出れば、年間10本ぐらい打てるレベルは望みますが・・・


そういう外国人を補強してもらいたいです。


・巨人マギー獲得の際の主な使い道


マギー獲得の場合の主な使い道は・・・


① 村田不在時のサード起用
② 阿部不在時・疲労回復時の起用(村田ファースト起用)


おそらくこの2つに限られてきます。


これ以外使いどころがないと思います。


代打要因として、1軍においておくという考えもあるかもしれませんが、それだと外国人枠の使い方としてはちょっともったいない気がします。


なので、


ケーシー・マギーの獲得は諦め、先ほど述べたような複数ポジションが守れ(ライト+内野だと最適)


率が残せて、足もそこそこあるタイプのバッターの獲得を私は希望します。




長々と失礼いたしました