本日電撃トレードが発表されました。


巨人の小山雄輝投手(28)と楽天の柿沢貴裕内野手(22)がトレードされました。


なので、2人の成績・今後の展望などを公開します。


・小山・柿沢両選手の成績比較

・小山雄輝一軍成績

2014 試16 6勝2敗 防2.41
2015 試7  1敗1S 防4.02
2016 試9  1敗  防4.85



2014年はシーズン中盤から先発ローテーションに入り、クライマックスシリーズにも登板。一定の活躍を収めた。


しかし、2015年以降は一軍での登板機会が少なく、たまに一軍の中継ぎや先発で投げる程度でした。


ちなみに、2016年のイースタンリーグでの成績は


試22 4勝3敗4S 防1.96


でした。


イースタンでは抑えも経験しました。


・柿沢貴裕成績



柿沢は一軍の試合に出場したことがありません。なので、イースタンリーグでの成績を掲載します。


2016 試98 .286 4本 49打点


一度育成選手も経験するなど、厳しい局面にも遭遇しましたが、今季は2軍でそこそこの成績を残していると言えます。


外野手登録の時期もありましたが、現在は内野手登録となっています。


巨人ではセカンドを狙うことになるでしょう。



・小山、柿沢トレードの意義


まず、実績的な面で言えば、小山の方が数段上でしょう。


先発ローテーションに入った実績もあります。


実績的には小山より下である柿沢ですが、若くて将来性があります。


今年のイースタンリーグでは、リーグ2位の.286厘をマーク


ホームランも4本放つなど、パンチ力もあるようです。


実績か将来性か?そんな側面もあるトレードでしょう。


・山口俊の人的補償対策??


この見方も十分ありだと思います。


山口俊獲得に動き始めた頃から、プロテクト名簿作成の作業はやっていたことと思います。


チーム編成上やっておかなければならない作業です。


そのプロテクト名簿に小山が漏れていた可能性は高く、今回のトレードに繋がった可能性は十分にあります。


小山がもし移籍すれば、一軍で活躍する可能性が十分にある投手。


なので、DeNAには取られたくない。


ならば、巨人の戦いにほぼ影響がないパ・リーグに小山を放出し、代わりにDeNAに取られない可能性が高く、巨人の戦力になってもらう人材を得よう。



こういう考えがあっても、不思議ではありません。


山口俊の人的補償対策であることがかなり濃厚な線だと思います。


トレードが決まったタイミングも、山口のFA移籍が決まってから。


人的対策でしょう。


なにはともあれ


今後の2人の活躍に期待します!!!



野村 克也
宝島社
2016-11-11