どうも、激アツプロ野球人です。


野球のルールを1から学ぼう!


今回はファウル編です。


どのような打球がフェアで、どのよう打球がファウルなのかを勉強していきましょう。


その他のルールはこちら↓↓




・フェアと判定される場合


打球がファウル地域から、再び内野に戻った場合







打球がファウルゾーンから、内野に戻ってきた時はフェアとなります

滅多に起こらないことではありますが、打球に不規則な回転になっている場合に起こり得ます。

バッターや野手は打球が内野に戻ってくる可能性も考えながら、プレーしなければなりません。


一塁、三塁を打球が過ぎる際に、ベース上かフェアゾーンに打球があった場合





外野にボールが転がっていく際に、フェアかファウルかの判断基準になるのがベース。

一塁ベースか三塁ベースの上かフェアゾーンを通り過ぎた場合はフェアとなります。

あくまで「転がっていった」際であることに注意が必要です。



ベースに打球が当たった場合


ベースに打球が当たった場合はフェアとなります。

どの方向に転がったとしても、ベースに当たった瞬間にフェアとなります。


野手が最初にボールに触れた位置がフェアゾーンの上方であった場合


最初にボールが野手に触れた位置がフェアゾーンであった場合はフェアとなります。

野手の体がファウルゾーンにあっても、ボールがフェアゾーンにあればフェアです。




・ファウルボールと判定される場合


打球が最終的にファウル地域で止まったもの


打球が最終的にファウル地域に止まった場合はファウルとなります。

打球がピッチャーのマウンドに当たって方向が代わり、野手に触れることなくファウルゾーンに打球が止まった場合もファウルです。




野手が最初にボールに触れた位置がファウルゾーンの上方であった場合



最初にボールが野手に触れた位置がファウルゾーンであった場合はファウルとなります。

野手の体がフェアゾーンにあっても、ボールがファウルゾーンにあれば、ファウルです



・まとめ


ファウルとフェアの判定は細かい定義があります。

珍しいケースに備えて、しっかり頭に入れておきましょう。